teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ご投稿ありがとうございます

 投稿者:HOSHI  投稿日:2010年10月20日(水)01時15分57秒
  >retoroさん
初めまして、管理人のHOSHIと申します。

残念ながら当方はお宝は持ってないのですが、スペースは貴重ではないのでどうぞお使いください。あんまり閲覧してる方も、いるのかどうか怪しいですが……^^

http://blog.livedoor.jp/zuvuya_digital_wave/

 
 

買い取ります!

 投稿者:retoroメール  投稿日:2010年10月16日(土)19時06分39秒
  貴重なスペースお借りします。
迷惑でしたら、ご削除下さい。



ビックリマンシール
キン消し
ガンダムカードダス
遊戯王カード
聖闘士星矢フィギア
ファミコンカセット
等を買取いたします!
(その他の物も受付中!)


・昔大流行したトレーディングカードやシールやキン消し、ファミコンカセット、おもちゃを高く売りたい!
・オークションで売るのは手間だし、不安---
・安心・迅速査定で売りたい!
(買い取ってくれるお店が近所に無い・売りたいけど沢山あって持っていくのが面倒)などなど・・・


お品物を私がお教えする住所までお送りください
日本全国どこからでも買取らせて頂きます。
ご希望のお品物を通販買取係に直接お送りいただくスタイルの売却方法です。
 

GNO3参戦!

 投稿者:HOSHI  投稿日:2010年 9月16日(木)22時51分57秒
編集済
   実は9月いっぴから、遅ればせながらGNO3に参戦しています。

 GNO3の最初から挑まれている方にはもう一周回っているのかもしれませんが、自分としてはゲームに飛び込んでみたら、懐かしいベータ終盤のMk-Ⅱや百式が出てくる辺りだったので、ベータのときはこっから先がどうなるのかな~と見られなくて悶々とした記憶もあり^^ 凄く嬉しかったです。

 随時、ZZや逆シャアのMSも出てくるらしいのでなおさら楽しみです。

 これから頑張ります。

 ノア鯖にて連邦(今期選択はエゥーゴ)で参戦しておりますので、同じ鯖の方はよろしくお願いします。

http://blog.livedoor.jp/zuvuya_digital_wave/

 

GNO2 VP祝20位以内~

 投稿者:HOSHI  投稿日:2010年 3月26日(金)23時51分19秒
   GNO2ノア鯖は、19日に第1作戦目が終了したところです。

 作戦終了時の状態にて初めて、VPにて20位以内の18位を獲得することができました。まあGNO3もサービスを開始した今現在、GNO2ももうみんなそろそろ惰性??(笑)、という状態なので、ざわざこんなエントリーを書くのも恥ずかしいのでやめておこうかとも思ったのですが、一応自分自身の備忘録なので記しておきます。

 序盤はどんどんやることがシンプルになっていくような気がします。これ以降、幾多ある分岐をすべて正しく行えれば、常にトップにい続けることができるんでしょうけど、もちろん井上にはとても無理な相談です^^

http://blog.livedoor.jp/zuvuya_digital_wave/

 

GNO3ベータテスト終了!

 投稿者:HOSHI  投稿日:2009年12月30日(水)23時09分26秒
   約3週間のGNO3ベータテストが終了しました。

 ガンダムはときどき一部のOVAを“劇中劇”と揶揄する人がいます。本当に起こったことではなく、平和が訪れたあとに戦争啓蒙と娯楽のために作られたウソっこのお話だ、とする説です。そのノリで行くと、GNO3は平和が訪れたあとにみんなが戦争の歴史を学びつつ、遊びに興じる宇宙世紀の遊園地のパビリオンを体験するゲームだと感じました。

 みんな案内員のお姉さんの説明に従って、ベルトをして全天周モニターのシートに座り、宇宙空間に飛び出していくアトラクションなのです。マイケル・クライトンの「ウエストワールド」のようだと言ったら、通じやすい人もいらっしゃるでしょうか。

 ひとしきり遊ぶと案内員さんが、「さあ次は○○の戦場を体験しましょう」と言ってきそうなほど、デラーズ抗争やグリプス戦役がタッタカタッタカ進んでいくような印象を受けました。歴史の進み具合がどこか他人事なのです。

 別の言い方をするなら、GNO2が本当のガンダム世界なら、そこでペガサス級強襲揚陸艦のいちパイロットであるホシ・ノア中佐は、戦闘の合間に第2デッキのキャットウォークでホッと息をつき、手持ちのPDAを起動しGNO3というゲームに興じる……劇中劇ならぬ“ゲーム中ゲーム”とでも称しましょうか。

 事実ベータテスト中も常にGNO2とGNO3を同時に起動していたのですが、どうしても気持ちの入り具合がGNO2はホントに戦争をしているのだけれども、GNO3はGNO2のホシ・ノア中佐がゲームにアクセスして遊んでいる、という気持ちが終始抜けませんでした。

 あんなに楽しかった競合任務の「ソーラ・レイ攻撃任務」ですけど、エルメスやブラウ・ブロのモーションはホントに凄かったのですが、その後の競合任務は今一つ凡庸でした。大規模任務も、事前に公開されていたSSのサイコ・ガンダムや同様に強いビグ・ザムのたぐいが登場しなかったからかもしれませんけど、いまいちイメージと違ったというか、選出された強いPC部隊が原作キャラ同士の戦闘に援護で入る、という基本ラインは確かに想像通りだったんですが、強いPC部隊は隊長だけでなく部隊全部が出ても良かったんじゃないですかね。

 その他ゲームのシステムそのものについては、ベータ中VPもMPも総合もあんまり強くなかったオリがとやかく言うのもなんなんで、ほかの人に譲りたいのですが、グラフィックの方はZの時代のMSが動くのが見られてホントに楽しかったです。ただ、Zガンダムを待たずにベータは終わってしまったこともそうですが、やはり変形のモーションがゲームシステム的に見られないのは返す返すも残念ですね。

 あとは話がタッタカタッタカ進みすぎなのは、どうしても1クール3か月なのが大きいと思います。1クール3か月はユーザ離れを防ぐための既定路線なのだとは思いますし、正直苦しいところなんでしょうけど、思い切って1クール1年の英断はできないのでしょうかね。もちろん、ゲームクールの長大化(恐竜化)は、長い目で見た場合シリーズの終焉を早めてしまう(一度伸ばしたクールは元には戻しにくくなりますからね)恐れがあることは重々承知していますが……。

http://blog.livedoor.jp/zuvuya_digital_wave/

 

GNO3ベータテスト再開!

 投稿者:HOSHI  投稿日:2009年12月26日(土)23時57分3秒
   12月7日より、GNO3のベータテストが再開されました。

 パッチDLは数日前から可能だったようで、トラブルもなくスムーズに再開されたようです。

 プレイヤーの部隊は削除されており新たに作成ということでしたが、前回そんなに話が進んだわけでもなく、また皆同一条件なので、それほど問題ではないでしょう(前回、凄く頑張った方もいらっしゃったかもしれませんが)。

 ゲーム・ルールについては、見たところ大まかな流れではこれといった変更はなく、前回書いた通りです。

「パッと見インターフェースが分からない」「何をどうしたらいいか分からない」「もうやることがない」等々、割と聞かれる意見ですが、改めて思い出してみると自分自身GNO1は始めたのがサービス開始後1年ぐらい経ったころからでして、始めたころは右も左も分からず、よくネットのHPを見て理解していった気がします。

 GNO2もはっきり目で見て分かる事柄は自分で解決したかもしれませんが、成長Pとかさっぱりだったので、やはり理解の早い人のHPを見て助けてもらった記憶があります。

 何が言いたいのかというと、「GNOのことをよく知っているいっぱしのGNOプレイヤーたる私がよ~分からんのだからしてこれはダメ」とか「GNOとはこうあるべき」と決めつけるのも、なんか違うかな~というか、ゲームはなんでも最初は違和感があるのは当たり前かな~と……(え、急にその意見? お前も前回は懐疑的だったじゃん。イキナリ?)。

 なんかエラソーになってしまって申し訳ないのですが、やることはないのではなく、そう思い込んで決めつけているだけで、実はまだ何かあるのかもしれません。少なくとも、今ランキングの上位にいる人たちは何かを見つけていて、結果には「悪い気はしていない^^」状態かもしれません。

 GNO2に比べてGNO1は単純とよく言われますが、ランキングが上位(だった)人にはそれなりの言い分があって、差がないところから差異を見つけ出して優位に立つからこそ、実はGNO2よりも奥が深いのだそうです。GNO3もそれに近いものになるのかも。それが楽しめるものになるかどうかはまた別問題ですが……。

 え、そこまで言うならお前はできているのかって? ええ、できておりません(笑)。

 正式サービスが開始して半年もすれば、頭のいい方々がこれでもかというほど「何をどうすればいいのか指南」のHPを書いてくれるのではないでしょうか(他力本願か?w)。

 そうは言っても、特にGNO2とはかなり変化してしまったので、GNO2的な楽しみ方はなくなったかな、とは思います。まったく別のところを楽しむゲームのような気がします。

 隊長カスタマイズにて、獲得スキルの順序を入れ替えるという形式は、GNO2を上手く簡略化させたもので、意外と奥が深いことになるかもしれません(ならないかもしれませんけどw)。

 また、GNO2では好みの顔グラにしてあれほど愛着を持って可愛がった戦場の同志とも呼べる部下パイロットですが、GNO3では大分趣を異にし、配下にズラッと並べて、野戦や各種任務に応じて、「おい、これはお前だお前。お前の出番だよ。よ~しよし、こっちゃ来い」と言わんばかりに摘まんでMSに放り込む、という非常にドライなカンケーというか(笑)、考えて部下を選ぶのが、楽しみの一つになるゲームかもしれません。

 それに付随したこととして、前回心配したフォーメーションの種類ですが、どうやらこなした戦闘の勝利数に応じて、個々の部隊に新しいフォーメーションが追加になることが明らかになったようです。

 開発プランは、「一番効率の良い正解は一つじゃない!」ということで、ランキングのMSが皆同じにならないような工夫かな、とも思ったのですが、むしろ個々人が開発したMSをトレードにおいてどのような価値をつけていくかという(ちょっとUCGO的)駆け引きか、それともチーム内で分担して開発する等、皆で協力すれば、まったく意味がないものになるかもしれません。

 グラフィックの方ですが、前回かなり辛辣なことを書いてしまったのですが、再開したベータの画面を見ると、フィルムの速度を間違ってかけてしまったチャップリンの映画のような、せわしない雰囲気はなりを潜めた気がします(慣れただけかもしれませんが)。「えいヤー」と攻撃したあとのトメのポーズをする時間も心なしか伸びたような感じで、落ち着いて見られるようになりました(地上でのトコトコ人形感はあんまり変わってないようですが)。

 お陰でディテールがよく見えるようになり、「あれ、こんな質感だったかな?」と思うほど、印象は良くなりました。GNO2とはちょっと方向性が違い、どちらがいいとは一概には言いにくい雰囲気のテクスチャーです。それでも、オリとしてはGNO2のテクスチャーの方が好きですけどね。こっちの方が綺麗に見える、という人の意見は解ります。

 個別の機体で言うと、リック・ドムⅡのシュツルムファウストなど、のっそり飛んでいく弾頭とかはかなり新鮮でいい感じ。

 ただ、固定モード(今回新たにモードが加わり、GNO3ではこちらを通常モードと呼称する)はカメラの向きがあっちこっちと変わるので、アニメを見ている気分にはなれるのですが、「今まさにオレの部隊が戦闘行為に及んでいる」という気分にはなりにくいのが残念なところ。

 上にも書いた通り、今回新たにモードが加わったのですが、GNO2では「カメラアングルが決められた動きしかしないから固定モード。マウスでグリグリ回せるからフリーモード」だったはずが、GNO3では「カメラアングルが決められた動きでも動くから通常モード。ほとんどまったく動かないから固定モード」と、モードの定義が幾分変わってしまい、固定モードはほとんど2Dと変わらない印象の画面になってしまいました。もっとマウスをグリグリ回して、MSに寄ってジロジロ見たいのですが……。

 あと、前々回の妄想&要望で、「MSにディテール・パーツやバトルダメージを貼りつけられるようにしてほしい。2D情報でもいいから」と書いたのですが、それはもちろん叶えられなかったのですが、部隊エンブレムが各MSの肩に貼りつけらているのを、今回初めて気がつきました。MSの色変えができないのがとってもマイナスなのですが、それのせめてもの代わりかな。

 さて、ここから書くことはとても楽しかったという嬉しい方の誤算です。何かというと、競合任務の「ソーラ・レイ攻撃(自分は連邦なので。ジオンなら護衛)任務」です(任務自体はGNO2でもあったかも)。

 連邦側はアムロのガンダム(MC)、カイのガンキャノン、ハヤトのガンタンク、セイラのGファイター、WB。ジオン側はシャアのシャア専用ゲルググ、ララァのエルメス、シャリア・ブルのブラウ・ブロ、キシリアのグワジンと、メインキャストが総出なのですが、特筆したいのはそのモーション。ビットが実際に奇っ怪な動きを繰り出し、ターゲットの周りをグルグル回ってビームを発射するのです(!)。ブラウ・ブロの有線メガ粒子砲も、蛇のようにニュルニュルと敵の懐に忍んでいって攻撃します(まあすぐ巻き取られていくのはご愛嬌ですが^^)。

 目が覚めるような映像でした。この映像はGNO1、GNO2共に実現できておらず、ついに達成されたか、といった気分です。ホント「長い間待っていたんだよ、これを!」と膝を打ちたくなりました^^

 ほかにも、グワジンが(これはほかの艦船も同じですが)轟沈するときのグラフィックも派手で、おおお! と盛り上がりました。戦場にいる緊迫感アリアリです。

 任務の内容自体の方も興奮するもので、ララァのビットの攻撃に消し炭のように霧散するMSにゾクゾクしました。ええ、もちろんやられているのは味方のMSです(アレ?w)。

 いやぁ~~~、絵がいいと燃えますねぇぇぇ^^ 惜しむらくはこれをGNO2のようなフリーモードで見られたら、もっとライブなガンダム世界における戦場体験ができたんじゃないかなぁ~、というところではありますが。

 この興奮がちょくちょく体験できるならGNO3も悪くないな、と思ったソーラ・レイ競合任務でした。

 そろそろまとめを書きますと、う~ん、返す返すもこの映像で、MSのテクスチャーがもうちょいGNO2寄りで、GNO2のフリーモードができて、ゲームシステムもGNO2なら、サイコーなんだけどなぁ~(ありゃりゃ、やっぱり本音はそこですか!)。

 まあなんにせよ、正式サービスのGNO3をプレイするかしないかはひとまず置いといて、土曜日には大規模任務というのを体験しました。任務はソーラ・レイ競合任務ですっかり気を良くしているし、名前が“大規模”ですからねぇ~(笑)。その内容についてはまたのちほど。

http://blog.livedoor.jp/zuvuya_digital_wave/

 

GNO3ベータテスト開始!

 投稿者:HOSHI  投稿日:2009年10月 2日(金)23時18分8秒
編集済
   というわけで、なんとかGNO3ベータテストに参加しております。

 27日の18時前後に、ようやくパッチのDLを終了させゲームをスタートさせると、一番に目に飛び込んできたのは右下の小窓で行われている戦闘風景。まるでシューティング・フライトシミュレータ(「サイドワインダー」シリーズなど)によく見られる“ミサイル・カメラ”の映像みたいです。つまり、この場合は戦場記録用のワイヤード・カメラか、はたまた無人カメラ・ポッドの映像か! ゲーム画面は、それらの情報が送られてくる部隊長専用のPDA画面の趣といったところです。いや、この場合自分も出撃してるからその例えは変かな^^

 前々回、まさかそれはないよねと書いていたMSが自由にヘックスに置けないんじゃないか(フォーメーションが固定)という杞憂は、どうやら杞憂ではなかったようです。オリの観察眼・洞察力もまんざらでもなかったな……(笑)。「フォーメーションの種類は正式サービス時に増える」「いやいやエディットできるようになる」との希望的観測も流れていますが、どうかなぁ~、ウ~ム、ヤな予感がします。

 パイロットの補充は、あらかじめ限られた「申請許可回数」(取りあえずベータテストスタート時には3回)を消費して申請し、提示される4名の候補の中から選ぶというスタイルです。このとき提示されるそれぞれのパイロットが持つスキルの種類は完全に運です^^

 GNO1のように、あるパイロットが補充できるマップ上の場所を足と時間を使って調べ上げ、欲しいパイロットが現れるまで我慢し、最良かつ最短の方法で有用なパイロットのみを揃える、というのはかなり難しくなったようです。もっとも、申請許可回数は時間の経過と共に増加するので(取りあえずベータ中は1回分増加/1日のようです)、1日1名ずつ補充でき、なおかつ補給はかからないようです。

 また、GNO1ではクールが進むにつれて、パイロットがそれぞれのスキルに基づき「強狙い」「支援狙い」等の戦術が使えるようになりますが、GNO3ではそれらはなくなり、上で述べたフォーメーションに内包される形となりました。それぞれのフォーメーションを選択すると、それに適した戦術が設定されます。スロットの概念はやはりありませんでした。設定される戦術は各パイロットにつき一つずつということになります。

 3Dグラフィックの方は、自分としてはもの凄く期待が大きく、HP上などで公開されていたスクリーンショットを「これが動くのかぁ~!」と思ってワクワクして見ていたので、蓋を開けたら思っていたのとは少し違って今一つで、ちょっと拍子抜けしています(パソコンは昨年末に新調したばかりで、3D設定もすべて「High」で動かせていますが、ディスプレイの性能や通信速度等なんらかの影響で、本来の絵で描画できていない可能性があることをお断りしておきます)。

 今のところカメラアングルにフリーモードがないので、GNO2に比べてMSのディテールがマジマジとは観察できず、ここら辺もあまり細密な描画に見えない原因の一つかもしれません。

 GNO2と比べて、良く言えばスピーディーに、悪く言えばかなりせわしなく動くので、MSはお世辞にも重厚とは言えず、オモチャが動いているように見えます(特に地上での移動モーションは酷く、ちょうど重りのついた糸で引くトコトコ人形みたいにせこせこ動きます)。コミカルな感じで、これではせっかくの細密な描画ももったいない気がします。

 3D画面と2D画面の戦闘にかかる時間を揃えて(揃っていないと、任務等でプレイヤーごとに見ている場面に著しいズレが生じる可能性があります)、なおかつ双方の絵を違和感なく動かさなければならないという、ゲームデザイン上の難点だったのかもしれません(2Dの方は動きが大味なせいかそれほど違和感はなく、GNO1とほぼ同印象です)。GNO2は2D画面がただの駒だったので、そういったしがらみがありませんでした。

 やっている処理等も違うでしょうから一概に比べるのは酷かもしれませんが、動画におけるグラフィックの体感上の綺麗さに関して言えば、GTOの方が勝っていたと思います。それより後発組となるGNO3にはかなり期待していたのですが、見た目の見応えとしてはGNO2にも劣っているかもしれません。これは多分に慣れも大きいでしょうけどね。

 あとは、サーベルの振い方がGNO1や2の上段から振り下ろすモーションから、腰だめで横に払うようなモーションに変わったのが目につく変化です。MS全壊時の爆発はガンダム戦記を彷彿とさせる火炎や爆風です。

 SE(効果音)についてですが、GNO2はやたらと電動モータの回る「キュンウィン」という音が目立ちますが、GNO3は通常は起動状態からアイドリング状態になるのを表わしていると思われる「コトン」という音がよく鳴ります(下手だけどアニメをよく見ている方ならこの説明で解ると信じよう^^)。多分照準を合わせ直している音のつもりでしょう(劇中でもそういう行為でも鳴らないこともないかも)。

 また今回新たに、射撃が連携して同一ターゲットに同時攻撃するというモーションが追加されました。この戦法が単なる演出上のサービスなのか、実際に敵に与えるダメージにもプラスαの効果があるのか、イマイチ調べるまでに至りませんでしたけど、なかなか楽しいです。壁同士で連携して同一のターゲットにサーベルを振ったり、射壁の射撃に格闘壁がサーベルでダメ押しするようなシーンもあったようです(もしかしたら、これらはジオンのプレイヤーがドムにてジェットストリーム・アタックを再現するための趣向なのかも)。

 さらに、サーベルを振るったあとピョコッと後ろに下がるモーションがあるので、そのときだけ次のユニットの動きと重なって都合2機が同時に動いて見えるので、上に挙げた2つとこれの3パターンの瞬間だけ、ある意味同時移動システムの“GTO的”で、本来“ターン制シミュレーション”のGNOでは見られない、いい感じのリアルな画面になるのでちょっとゾクッとします^^

 グラフィックしかりゲームシステムしかり、想像していたのとかなり違って戸惑ってはいるのですが、まだ結論を出すには早計の気がします。今しばらくベータテストを続けたいと思います。

http://blog.livedoor.jp/zuvuya_digital_wave/

 

GNO3ベータテスト開始直前!要望&妄想

 投稿者:HOSHI  投稿日:2009年 9月24日(木)23時58分10秒
   そんなわけで前回に引き続きまして、GNO3ベータテスト直前の要望というか、書き忘れた妄想です^^

 まずはグリプス戦役移行の際に選べる所属陣営についてです。ノア連で「ZGNO(仮題)」として話していたときには、4勢力への分離で盛りあがっていたような記憶が蘇ってきました(オリの心の中でだけだったかもしれませんが)。つまり、

    連邦 → ティターンズ or 連邦
   ジオン → エゥーゴ or アクシズ

 というわけです。

「え、だってグリプス戦役で連邦って空気でしょ?」とか言われそうですが、いくつかあったニュータイプ研究所とかティターンズではなく連邦軍だったような……。アッシーマーとかブラン少佐って連邦でしょ?

 もっとも、この解釈だと一年戦争時には(連邦で)ガンダムを使って、グリプス戦役においては(エゥーゴで)Zガンダムを使うということはできなくなってしまいますので、バンナムとしては商業的にはマズいかもですね。それこそ、ブライトなどはどうしたんだってとかね。

 ただ、ブライトはさて置き、戦略級シミュレーションゲームとしては、われわれはWBのクルーではないので、多くの一兵卒としては上記のような流れも、まんざらおかしくはないとは思いますけどね。

 次が一番の懸念事項です。パーツはともかく囮とかのアイテムが発揮するときのグラフィックで、

「ピィュワワワワワ~」とか「キシュゥイイイイン」とか(笑)、

 MSの周りにピンクの輪っかや緑のキラキラが表れて作用が表現されたらと思うと、どうしようかと思っています(因みに、これらの表現は悪名高きGTOでやられていました)。これだけはやられたら、本気でGNO3はやりませんので、絶対そうはなってほしくないですね。

 ここからは要望というか妄想です。

 これはGNO2で採用されたらなぁ~と思って、もしかしたらオリ自身2ちゃんねるかどっかで書いたかもしれないので特にGNO3への要望というわけでもないのですが、

1.)連邦軍のMSは、(陸戦型ガンダムなどに採用されている)肩のマウント・アタッチメントなど、ディテールを、ほかのMSにもプレイヤーの意思で貼りつけられたりする。

2.)ジオンのMSは、全機アンテナブレードがついているグフなどを、(取ったらさぞかし格好悪いけど)アンテナをなくしたグラフィックをデフォルトとし、逆に部隊長は(たとえそれがジュアッグであったとしても)隊長の証しとして貼りつけられたりする。

3.)陸ガンやゴックなど泥臭いMSに特に似合うと思いますけど、腹や胸にステップ(足場)や水垢のグラフィックなどを貼りつけられたりする。これは最悪2Dの情報でも良い。

4.)シールドや装甲などに、バトルダメージの痕跡が貼りつけられたりする。これは最悪2Dの情報でも良い。

5.)PC戦で勝利したユーザーには、敵MSのシールドが手に入る。例えばEz-8がグフ・カスタムの、ザクがジムのシールドを手にしても良い。もちろん色変えして見た目を自軍のものにできる。

 もっとも今回もシールドにも性能差があると思うので、うるさ方はどんなに戦利品が手に入っても不利なら使わないでしょうけどね。

 まあ、あと3日でベータテストが始まるこの時分に言っても遅いですよね~、こんな要望は。では、これらはGNO4に取っておきましょうかね。

http://blog.livedoor.jp/zuvuya_digital_wave/

 

GNO3今冬スタート!~その後

 投稿者:HOSHI  投稿日:2009年 9月11日(金)00時05分31秒
編集済
   前回に引き続きましてGNO3の話です。当方なんとかベータテストに当選することができ、ソフトが送られてきました。

 所属陣営の変更は、どうやら大方皆さんの想像通りだったようですね。連邦を選ぶとグリプス戦役時には「ティターンズ」か「エゥーゴ」、ジオンなら「ティターンズ」か「ジオン共和国(アクシズ)」が選択できるということで、ジオン共和国だとMSにバリエーションが少ないかもしれないので、一年戦争時に連邦に人気が片寄らないかちょっと心配ですが。

 チームが分裂してしまうという問題の解決策はちょっと意外な感じ。なんと所属陣営が別れてもチームチャットが続けられる仕様になりそうです。トレードなど一部制限が設けられる(当たり前か)ようですが。

 変形MSが「MA形態で射撃中斬りつけられたとき、サッと変形してサーベルで斬り払い!」というオリの妄想はやはり叶えられそうにありませんでした。綺麗なグラフィックで1秒以下で変形するモーションを見てみたかったのですが……。MS形態かMA形態を選択し、編成画面のヘックスに置く仕様になりそうです。

 MS形態とMA形態の性能の違いは「移動力」の大小で表わすだろうとは思っていましたが、移動力が変化するMSや「先制」と「回避」が変化するMSなどバリエーションに別れるようです。

 続きまして、目玉の一つになりそうな「大規模任務」についてです。ノリとしてはなんとなくUCGOのイベントに似る感じでしょうか。参加プレイヤーの投票に応じて侵攻ルートが決まり、その後2回の任務を経て最終戦に参加する部隊が選出され(2回の任務でのMPで決まるのかな?)、なんとこの最終戦はログインしているプレーヤー全員の衆人環視の中、イベントシーン満載で展開されるという、盛り上がりそうでもあり、参加するのを躊躇したくもある(笑)、内容になるみたいです^^

 あとは、前回書いたときに気に入らないというか不安と言っていたパーツとアイテムですが、まずはパーツ。もっとスパロボみたいにおもちゃっこ然とした感じになるのかな、と思っていましたが、チョバム・アーマーやマグネット・コーティングなど案外世界観を壊してない雰囲気でひと安心。まあ名前に騙されてる感はありますが(笑)。

 GNO1からGNO2に移行したときに、一見複雑に見えて敬遠していた層への取っつきやすさに配慮した演出で、いわゆるGNO2における一種の改造といった趣ではあります。但し、実際の編成画面は3個までパーツが入れられると思しき枠があるのですが、この画面の雰囲気を見ると、やっぱりちょっと今までのGNOよりは子どもっぽいかな、と思うところはあります。

 次にアイテムですが、これもアンチミサイル粒子(弾)やビーム撹乱幕など、お馴染みの名称で雰囲気は出ています。ただ、囮や高HP狙い等のアイテムもあるようで(ここら辺は悪名高きGTOに似ています)、やはりスロットという概念はなくなる公算が強そうです。

 あとはアイテムは補給にて購入できることが明記してありますが、パーツの方は入手方法が不明です。スタート時に何枚か揃っているとも考えられますが、チーム内での貸し借りなど効率的な運用を勧めていることから、じゃあ褒賞扱い? でもチョバム・アーマー改造なんてそうそう何枚もいる?等、謎の多いところです。

 そのほか、スクリーンショットを見て思ったことといえば、「ダイヤモンド4」とあり、実際に編成画面にも4機機体がいますが、5機目を投入するとこれが「ダイヤモンド5」という表記になることは想像に難しくありません。これがまさかガンダム戦記の流れを汲んで、フォーメーションが「デルタ・フォーメーション」とか「ダイヤモンド・フォーメーション」みたいに固定ということはないですよね^^ ユニットをヘックスのどこに置くのか、この楽しみを奪ったらGNOの面白みがないですもんね。

 ただ、囮というアイテム(任務序盤敵機の攻撃が1番機に集中する)などとのプログラムの兼ね合いから、なんらかの思いもよらない制限があったら嫌ですよね(囮の概念のあったGTOは編成位置は固定でしたので)。まず杞憂に終わるとは思いますが。

 では、6日から行なわれるはずだったベータテストが27日まで延びてしまったのは残念ですが、またテストがスタートしたら、レビューしますので、お楽しみに!

http://blog.livedoor.jp/zuvuya_digital_wave/

 

GNO3今冬スタート!

 投稿者:HOSHI  投稿日:2009年 8月15日(土)00時14分19秒
   いよいよ、GNO3が今冬にスタートするようです。今度のGNOは一年戦争からZガンダム、さらには逆襲のシャアまでを網羅する、UC世界の一大絵巻を体験するゲームになりそうです。

 GNO3といえば、自分が参加しているGNO2のノア連でも、「こんな感じになったらいいなぁ~」と、話題になったことを覚えています。そのときは“ZGNO”みたいな感じで語られていたと思うので、勢いみんなの関心は一年戦争からグリプス戦役になったときの所属軍が変更ができるか否かだったと記憶しています。GNO3では、どうやらそれが実現しそうです。しかし、途中で所属軍が変えられるということは、チームはどうなるのか、もしかしたらチームという概念はなくなるのか等、心配でもありますね。 折衷案としては移動はチームごととか、かな?

 あとは、ノア連のエリ茶で話題になったときにオリが個人的に提案したのは、変形MSが全12ターンのうち、ターンごとにMS形態かMA形態か設定できるという機能です。つまりターンの序盤はMA形態で射撃し、終盤はMS形態でサーベルも振るう、もっと突き進めれば、戦闘の流れを想定し、「1~4ターン目はMA形態で、5~7ターン目はMS形態、8ターン目以降はまたMA形態で」とか、カルネージハート的発想というか妄想です。

 でもまあこれは、いざやってみたらあっという間にMS形態かMA形態のどちらかに固定した方が有利と判って、使われなくなる可能性大ですね^^ 精々MA形態で射撃中、ZOCで突っ込まれたときにMS形態に変形してサーベルを振るうモーションが見られれば恩の字かな。イメージ的には少なくともMA形態の方が移動力は多そうなので、その利を生かすために、いずれにせよ最低限、編成時にどちらかを選ぶということにはなりそう。

 公開されたスクリーンショットによると棒立ちのMSがかなりいるので、一部噂されたGTOと同様の“同時移動システム”ではなく、やはり従来のターン制なのは間違いなさそう。パイロットが“攻撃型”とか表記されているようなので、GNO1みたいにPLの適正を求めてマッブを彷徨うとかあるのでしょうかね。これはGNO2で自由に好みの顔グラにするのに慣れてしまったので、あまり歓迎しないシステムなのですが……。

 また、戦術にスロットの概念がなく、GNO1と同じように戦術が1つしか決められない可能性ありですね。ゲームの難易度をGNO2のときより多少下げたい意向があるようですが、GNO2歴の方が長いオリとしては、戦術のスロットがないと物足りないかな(自分が戦術スロットを上手く使えているのか否か、という話は別として^^)。

 あと稼働時間という謎のパラメータがあるようですね。Zガンダムが10ということはボールは6とかありそう。登場ターンを遅らせることができるのか、稼働ターン数を使い切ると強制退場なのか気になるところ。

 任務についてはGNO2で実際にチャットする機会のある人には何度も言っているのですが、GNO1のときは味方機が1機でも残っていれば勝利できる任務があった気がするのです(GNO1を今でもやられてる方は解るはず)。「○○さん(PLの名前)頑張れ~」「そ~れ逃げろ」「や~れ逃げろ」「やったぁぁぁ!」って応援して勝ったときの爽快感が凄く楽しかった記憶があるので、あれをもう一度やりたいです。

 ここから先は気に入らないというか不安要素でもあるのですが、設定画面のMSのグラフィックがGTOのときのように見得切ったポーズで子どもっぽくてカッコ悪いのです。GNOのように落ち着いたものにしていただきたい。

 あと、パーツでパワーアップとかも、スパロボでなら容認できますが、GNOでやられると興覚めなので、やってほしくないなぁ~と思うところです。

 1クールの終わるのが、これまで同様3か月というのも不満といえば不満ですかね。それぞれのエピソードが薄まっちゃいますからね。できれば1年とかにすれば面白いとは思いますが、これは主に商業的に、特に若い人たちが1年間課金し続けるのは辛いと判断し、食いつきが悪くなるのを懸念して、バンナムとしてはゲームのスタイルがどのようになろうとも、1クール3か月は動かせない規定事項なんだろうとは思いますが……。

 1から2のときは大した考えもなくサービス開始と同時に2へ移行し、1は早々にやめてしまったオリではありますが、今度は知恵がついた分、不安ですし慎重にもなります。

「偶然で上手く行ったのなら計画的ならもっと上手く行く」

 2時間ドラマで生命保険金欲しさに最初の夫に偶然死なれた妻が次の夫に殺意をいだいて言いそうなセリフですが、“荒削りだったからこその良さ”ってのが絶対ありまして、例えばF1レースゲームなんかは究極のリアリズムを追及してどんどんつまらなくなってる気がします。上手く言えないんですけど、ゲームは極端に簡略化されている部分があった方がいいんですよ(戦術スロットを歓迎してる意見と矛盾する気もしますが)。

 GNOも、どんどんどんどんゲーム的にこなれて起伏がなくなるというか平たくなるというか、とにかくこねすぎは良くないんです。こねすぎるとフニャフニャになっちゃいます。「決定版を造るぞ」とか気負うと絶対ダメな気がします。大風呂敷はダメなんです。引っかかりがなくなってツルツルしたゲームになると、F1レースゲームと同じ末路を辿ってしまう気がします。

 結論を言うと、繰り返しになっちゃいますが、1から2のときと違ってかなり不安なんで(逆に言えば2は見事だったとも言えます。多少の不満こそあれ、総合的には1のアカウントを消したことを後悔したことはありませんから)、3への参加はオリ的にはかなり慎重になると思います。取りあえずベータテストには申し込んでいますので、当選したらまたレビューしたいと思います。

http://blog.livedoor.jp/zuvuya_digital_wave/

 

レンタル掲示板
/11